<<会社URL:http://guideshiken.info/>>

Blue Sky Web

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験について独学で学ぶ時のデメリットは、わからないところの問題解決に時間がかかってしまうことです。その点、通訳案内士試験道場と呼ばれるスクールでは、わからないことを即質問できるため、問題解決がスピーディーに済み、その後の学習の効率もよくなるでしょう。人気が高まっている中国語や韓国語に対する試験対策が実施されており、宿題をこなして授業を受講し、間違いを直して翌週授業を受講する前にメールで回答を受け取って、間違えた部分を復習するといった形で行われるようになっています。通訳案内士試験道場では授業を漠然と受けるだけでなく、予習・復習が適確にできるようなカリキュラムとなっており、中国語・韓国語初心者であってもカリキュラムをこなすことによって上達できるように配慮されています。また、模試を受けて弱点を克服できるようにフォローしているため、授業の予習・復習だけではなく、更にもう一歩実力を高めるために普段からテキストを読み込むことや、宿題を何度も見直すことなどを推奨し、実際に合格者たちはその通りこなしているため、合格率が高いといえるでしょう。また、どの外国語であっても二次試験本番と同様に受験できるように、テキストを基にして和文を英訳するだけではなく、スピーチすることまで行うことが必要です。スピーチや通訳に対して講師から直接指導をしてもらえるため、弱点を克服し、長所を伸ばせるように努力できるでしょう。また、他の受講生のスピーチなどを参考に、より合格点に近づけるように努力できるのがポイントといわれています。授業内容を参考にして納得できる形で試験に合格できるようにすることが、苦手意識やわからないことを克服するために必要なことといわれています。通訳案内士試験道場での、カリキュラムを実践することによって、合格率を高めるチャンスが増すといえるでしょう。どの言語を学ぶのかは人によって異なりますが、1つの言語で資格を取得し、その後もう1つの言語で取得してもいいといわれています。
Tagged on: ,通訳案内士試験道場