<<会社URL:https://www.i-ara.jp/>>

Blue Sky Web

看板などの屋外用インクジェット出力を1平方メートル2,000円の激安から!大判印刷も行います。メディアは全て国産です。最新のインクジェット出力機で高画質、出力サンプル無料です。運営が看板屋ですので何でもご相談ください。【業販専門・全国対応】


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

やはり、インクジェット出力の印刷に関しては、印刷業者次第ですがそれなりに高額な金額になるイメージがあるでしょう。しかし、神奈川県で活躍を見せているインクジェット出力事業部にお願いをすれば、かなりリーズナブルな値段で動いてもらうことができます。その名の通り、看板ホットラインのインクジェット出力事業部は、看板屋さんの心強い味方となっていて、インクジェット出力のみの対応になっている特殊な業者の1つです。インクジェット出力だけに集中しているので、日常茶飯事的な技術になっている分、他の印刷業者に比べてもはるかにリーズナブルな値段で対応してもらえるでしょう。例えば、塩ビシートの1平方メートルあたりのUVラミネート加工が、2000円からとなっています。これは明らかに業界でも最安値となっていて、予算内で済ませやすい値段と言えるはずです。他にも2600円や2800円など、素材が変わってもそこまで高額にはならないので、かなり利用しやすい業者であることがわかるでしょう。電飾用の塩ビシートを使ったとしても、1平方メートル当たり3400円となっています。具体的な見積もり金額を知りたい場合は、メールや電話でいつでも承っているので、ぜひともそこから問い合わせをしておきたいところです。電話に関しては9時から18時までと時間が制限されていますが、メールは24時間承ってくれます。こちらの好きなタイミングで問い合わせをしておくと良いでしょう。インクジェット出力事業部では、カット作業を行っていないので、そういった意味でもリーズナブルな値段にできています。手間だと感じるかもしれないですが、それによって安い値段になるわけですし、カットが必要であれば前もって希望しておくこともできるので、申し出れば問題ないです。基本的にはデータ入稿のみ対応しているので、そのことも理解しつつ、余裕を持った納期でお願いすることが重要となります。納期は5日営業日以内となっているので、お願いする側としても予定に余裕を作った状態で依頼することが重要と言えるでしょう。
Tagged on: ,業販専門